« 2009年4月 | トップページ | 2012年1月 »

2009-10-10

Velka Pardubicka 2009:今年はオーストラリアが熱い?

まいど。ここんとこ毎年4月と10月「だけ」目を覚ましてるアンダーザミントです。
こんなんじゃいかん、と毎年思ってはいるんですがね。

さて、恒例のチェコ共和国パルドゥビツェ競馬場で行われます、Velka Pardubicka。
今年は10月11日、現地時間15:40(日本時間で23:40)発走となっております。

しかし、今年の出走メンバーは昨年とはがらりと顔ぶれが変わってしまったようでして、私が覚えている出走馬は昨年の勝ち馬の Sixteen くらいですね……。
(そういえば昨年、障害の手前で3頭くらい逸走してしまった馬がいて、そのうちの1頭が1着入線したものの経路違反で失権ということがありました。しかもその失格した馬が Sixteen と同じ芦毛だったものだから、「……あれ?」というような事態になっていましたね)

今、英国の熱狂的 Velka Pardubicka マニアのかたのウェブサイト(→http://becher123.webs.com/velkapardubickaformgu.htm)で出馬表と短評をチェックしているのですが、このサイトの中の人の予想でもやっぱり Sixteen 本命みたいですね。あと Numero Due, Mr Big, Del Sole といったあたりが続くといった感じです。
私もやはり、昨年の勝ち馬で固いだろうと思います。あと、あまり実績はないのですが鞍上が鞍上なので Tiumen も外せないかなと。

それからそれから、タイトルの「オーストラリアが熱い」って何やねん、という件について。
じつは、このチェコのレースにオーストラリアから参戦する騎手がいるんです。
彼の名は Paul Hamblin。たしかかなりのベテラン騎手だったかと。このところ勝鞍に恵まれていないようですが。
(ちなみに、この写真の先頭の馬に乗っている騎手です)
で、なぜ彼がチェコに渡ったのか、ということですが……。いくら探しても情報が見つかりませんでした。
ただ、6月のオーストラリアのレースで落馬して、騎乗していた馬が骨折して安楽死の措置が取られたということが関係しているのかもしれません。
(参考記事:Herald Sun より→http://www.heraldsun.com.au/news/another-jumps-horse-dies/story-e6frf7jo-1225738243346
ともあれ、おそらく単身で遠い国まで乗り込んできたであろう Hamblin 騎手と、騎乗馬の Marath にも大きな声援を送ろうと思います。

さて、今年の「チェコのグランドナショナル」はどうなりますでしょうか。
全ての出走馬と騎手の無事を願いつつ……。

《追記》
毎年、なぜかこのレースを取り上げてくれるオーストラリアの Racing and Sports さん、やっぱり今年も記事を書いてくれましたね。
しかし、なぜ Hamblin 騎手がチェコに渡ったのかはわからないまま……。
http://www.racingandsports.com.au/racing/rsNewsArt.asp?NID=161760

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2012年1月 »