« 海外障害ニュース2発(かなり遅め)。 | トップページ | 中山とエイントリー、同日開催。 »

2006-10-20

「チェコのグランドナショナル」2006。

10月8日に行われました「チェコのグランドナショナル」こと Velká pardubická は、2番人気の Decent Fellow が2着馬に6馬身の差をつけて圧勝しました。鞍上は Josef Bartoš (ヨセフ・バルトシュ)騎手で、Josef Váňa (ヨセフ・ヴァーニャ)調教師の管理馬です。ちなみに2着は Juventus 、3着は1/2馬身差で Cieszymir 。
詳しい結果などはこちらで。英語ですが。

パルドゥビツェ競馬場のサイト。
Paddock Revue - Pardubice - Popular winner and betting problem


実は勝ち馬の Decent Fellow は、じつに5度目の Velká pardubická 出走にしてやっと初勝利を挙げたお馬さんなのです。それも過去の4回の成績が

2着→3着→3着→2着

という、なんとも煮え切らないというかなんというか、そんな感じだったんです。
そういえばデルマさんの血統表のコメント(馬名横の i マークにマウスオーバーしたら出てくるモノ)にも「Always in the shadow of Registana and Maskul」なんて大きなお世話なことが書かれていたりしますし。
まあ、日本の競馬に例えれば「ナイスネイチャ、悲願の有馬記念制覇」といったところでしょうか、って古いなあこの例えも。

あと驚いたのが、2着の Juventus に乗っていたのが Josef Váňa 調教師自身であるということ。 Juventus も Josef Váňa 調教師の管理馬なので、見事な Váňa 丼でした、というわけで。これは凄すぎます……。しかも Váňa さんは53歳とのこと。そういえば日本にも53歳の現役障害騎手の方がいらっしゃいますが、日本じゃ「調教師兼騎手」はできませんからね。

それから、素晴らしい「unofficial webpage」を見つけましたので、ご紹介。

Velka Pardubicka Steeplechase

これも全部英語なんですが、 Velká pardubická の歴史や数々の記録について詳細に書かれていますので、お暇なときにでもどうぞ。読みごたえありますよ。
あと、チェコのテレビ局 ČESKÁ TELEVIZE のサイトで、レースの模様がダイジェストで見られます(3分あたりから)。なかでもスタートの場面は衝撃的です。特に馬術を知っている方なら半分笑えるのではないでしょうか。

秋の美しい空の下、木立が色を変えていく中でレースを見られるという環境は、最高でしょうね。私もいつか観に行きたいと熱望しています。

|

« 海外障害ニュース2発(かなり遅め)。 | トップページ | 中山とエイントリー、同日開催。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/12355387

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェコのグランドナショナル」2006。:

» [競馬] 「チェコのグランドナショナル」2006。 : アンダーザミント、馬と歩く。 [昨日の風はどんなのだっけ?]
チェコの最高峰障害レースでナイスネイチャキャラだった馬が優勝したそうです。乗っていたのは調教師兼任の53歳の騎手というのも凄い、チェコ競馬といえば、ヒコーキグモのお父さんがチェコで後に種牡馬していたというぐらいの情報しかないんですが、マイナー競馬モノには胸... [続きを読む]

受信: 2006-10-20 22:21

« 海外障害ニュース2発(かなり遅め)。 | トップページ | 中山とエイントリー、同日開催。 »