« 逃げ切るカイロプラクティック? | トップページ | 海外障害ニュース2発(かなり遅め)。 »

2006-07-17

ファンドリリヴリアの現在地。

我が忘れじの名馬にして、現在馬術競技で頑張っているファンドリリヴリア。
競走から引退しても、乗馬として頑張り続ける姿を私アンダーザミントは何回かレポート致しました。
#そういえばこんなこともありましたね。ちらっと見てみたら2004年10月の記事……。

そのファンドリリヴリアなんですが、どうも昨年の暮れか今年の初めに、住み慣れた山梨県馬事振興センターを離れ、関東方面のとある乗馬クラブに移動した模様です(具体的な場所については、情報提供者の方から公表しないで下さいというメッセージをいただいていますので、書けませんが)。
情報を提供して下さった方からのメールによりますと、彼は「均整がとれていて男前で、人懐っこい」とのことでした。その乗馬クラブでは上級者の馬場馬術のレッスンに出ているそうですので、また競技に出ることもあるのではないかと。そのときは、ぜひ見に行きたいです。
……と書きながら思ったのですが、その乗馬クラブを見学させていただいた方が早いか。見せてもらえるかな。

|

« 逃げ切るカイロプラクティック? | トップページ | 海外障害ニュース2発(かなり遅め)。 »

コメント

初めてコメントさせていただきます。
そういえば春頃会いました。ファンドリ君。

競馬始めた頃に毎週1500万以下で見てて、数年前に山梨で偶然会って、今年また偶然あって、えええ~運命!?という感じでした。乗っては無いけど、いい奴っぽい雰囲気でしたよ。

投稿: ブル | 2006-08-15 03:27

>ブルさま。
 レス遅れまして申し訳ございません。
 私も、彼が1500万下走っていたときからのファンです。
 引退後、必死に居場所を調べていたところ、
 偶然馬術関係の雑誌の競技会の結果の欄に出てきたので
 びっくりしたことを覚えています。
 しかし、すごい運命ですね。羨しいなあ。
 

投稿: アンダーザミント | 2006-08-26 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/10981884

この記事へのトラックバック一覧です: ファンドリリヴリアの現在地。:

« 逃げ切るカイロプラクティック? | トップページ | 海外障害ニュース2発(かなり遅め)。 »