« 中山グランドジャンプ:まずはコネタから。 | トップページ | ポーランドからも注目されてた中山グランドジャンプ。 »

2006-04-27

中山グランドジャンプ:カラジさんはやっぱりちっちゃかった。

前の記事の続きです(?)。
国際招待J・GIの大一番、中山グランドジャンプの出走馬たちがパドックに現れた瞬間から、私はもうデジカメのシャッターを切りまくってました。で、ひととおり出走馬の写真を撮った後に個々の馬をじっくり見たりしていたのですが、やっぱりカラジのちっちゃさが目立ってましたね。同じような馬体重のマイネルオーパーあたりと比べても、一回り小さかったですし。
そんなわけで、パドックで撮った写真をいろいろと(クリックにて拡大)。
Karasi_06_1
Karasi_06_3
Merlos_06_1
Fontera_06_1
Fontera_06_2
Lupton_06_1
Riddell_06_1
ちなみに最後の2枚は、アイザック・ラプトン騎手とジョナサン・リデル騎手です。マーロスのクレイグ・ダーデン騎手がパドックで乗っていなかったので、写真がないのが心残りなんですが。

そしてレース。カラジはペガサスジャンプステークス同様、前半は中団で息を潜めていました。そして2周目の3コーナーあたりから進出開始、4コーナーで先頭に立つとテイエムドラゴンに迫られながらも例の風車鞭バリバリでしぶとく粘って1着入線。
ところが、レース後に審議の青ランプ。あれ、検量か何かで問題があったのかと思いきや、2周目向正面でのカラジの進路の取り方について、直後にいたメジロベイシンガーの大久保洋吉調教師から物言いがついたとのこと。長々と審議が続いた末(なにしろ外国人相手ですからね。通訳さんも大変だっただろうなあ)、結局行司軍配通り着順通り確定。これで初めての海外招待馬による中山グランドジャンプ2連覇という結果となりました。
そんなわけで、こんな写真も撮れてしまいましたので載せちゃいます。
Ngj06_100m

その後、表彰式。とにかくスコット騎手の嬉しそうな表情が印象的でしたね。こちらも嬉しくなってくるくらい。
花束贈呈の時に笑みがこぼれまくり、そして優勝カップにキスしていたり。昨年に比べて「やったぜ!」という感じが強かったですね。

そんなわけで春の大レース観戦は無事終了。いやぁ今年もいいもの見せていただきました、という感激でいっぱいでありました。ただ、2着のテイエムドラゴンなどレース中に故障した馬が3頭も出たという点だけは気がかりではありましたが。

|

« 中山グランドジャンプ:まずはコネタから。 | トップページ | ポーランドからも注目されてた中山グランドジャンプ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/9793608

この記事へのトラックバック一覧です: 中山グランドジャンプ:カラジさんはやっぱりちっちゃかった。:

» [race]カラジさんちっさいよカラジさん [fs Log]
アンダーザミントさんの中山グランドジャンプレポより。 中山グランドジャンプ:カラジさんはやっぱりちっちゃかった。 http://theoutback.way-nifty.com/umint/2006/04/post_37c6.html 「詰まってる!」といった体つきのマーロスや、精悍な感じのフォンテラなどと比べて、カラジさんは全般的にコンパクト… ジャンプ巧者の秘密はどこにあるのかと、見れば見るほど遠近感が狂って不思議な感じがしてきます。 #馬体重よりもちっさく見えますよね 小ネタの「SB((スコッ... [続きを読む]

受信: 2006-04-28 14:05

« 中山グランドジャンプ:まずはコネタから。 | トップページ | ポーランドからも注目されてた中山グランドジャンプ。 »