« 「チェコのグランドナショナル」2005。 | トップページ | オーストラリアから府中への行き方について。 »

2005-11-07

R.I.P., Best Mate & Narita Top Road......

本来ならば Velka Pardubicka やら Breeders' Cup Steeplechase の結果を載せなきゃならないところですが、いろいろと雑用やらなんやらで疲れ果てているうちに、悲しいニュースが飛び込んできました。それも2連発で……。

まずは英国から。Cheltenham Gold Cup を3連覇(2002-2004)し、もはや英国障害競走界では伝説的な存在となっている Best Mate が、今月1日今シーズン緒戦となる Exeter 競馬場の William Hill Haldon Gold Cup の競走中、心臓麻痺を起こして亡くなったそうです。

Gold Cup legend Best Mate dies (BBC Sport)
BEST MATE DIES AT EXETER (Sporting Life)

そういえば彼は、4連覇がかかった今年の Gold Cup は肺出血のため回避したんですよね。そのとき残念だなと思った記憶があるので、ぜひ来年に雪辱を果たして欲しかったのですが……。これは英国のみならず、世界の障害競走界にとって大きな損失と言わざるを得ないでしょう。


そして日本に話題を戻しますと。
1999年の菊花賞の勝ち馬で、その後のGI戦線でも好走を続け息の長い活躍をした後種牡馬となったナリタトップロードが、7日早朝、心不全のため急逝したそうです。

種牡馬 ナリタトップロード号の死亡について(JRAのお知らせ)
●● ナリタトップロード死亡 ●●(ラジオNIKKEI 競馬実況HP)

思えば、2戦目で新馬戦を勝ち上がった時から彼の名前が私の脳のどこかに刻まれていたような気がします、って単にそのとき単勝か複勝の馬券を買っていただけなんですけど。それが、きさらぎ賞→弥生賞と連勝して、これは皐月賞、そしてダービーも勝てるんじゃないかと思って、それからずっと応援し続けた記憶があります。でも、皐月賞は3着、ダービーは2着。歯がゆさだけが残っていました。
そしてクラシック最後の一冠、菊花賞。絶対勝つのはナリタトップロードだと信じて、これまで以上に熱を入れて応援していたら、やっと快勝。その直後から夜まで、もう興奮しきって狂喜乱舞していたことを今でも覚えています。
それからはなんか肝心なところで勝てなかったり、いろいろとありましたが、とにかく馬体と走り方が奇麗でいつもうっとりしながら見ていました。引退して種牡馬になってからも、いつか見にいきたいなと思ってその機会をうかがっていました。
それが、9歳の若さで亡くなってしまうなんて……。ただただ、残念です。
願わくば、残された3世代の産駒の中から彼を越えるような馬が出てきて欲しいものです。

2頭の馬に対して、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 「チェコのグランドナショナル」2005。 | トップページ | オーストラリアから府中への行き方について。 »

コメント

ベストメイト…。
彼のことを詳しく知らないのですが、
一目見ようとエイントリー遠征をかなり真剣に考えていました。。。
今は、残念すぎて、白紙に戻そうと思っています。
R.I.P

投稿: ヨイドレテンシ | 2005-11-09 23:48

失礼。エイントリーではなく「チェルトナム遠征」です。

投稿: ヨイドレテンシ | 2005-11-09 23:56

>ヨイドレテンシさま。
 とりあえず重複になってたコメントを削除しておきました。
 Best Mate ……私も一度見てみたかった馬なんですけど、
 こんな形で最期を迎えることになろうとは……。残念としか言いようがありません。
 なんでも噂では Exeter 競馬場に葬られるとか、
 来年の Cheltenham 開催で Best Mate 記念競走が行われるとか
 そんなことを聞きました。
 ともあれ、改めてご冥福をお祈りいたします。

投稿: アンダーザミント | 2005-11-10 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/6953803

この記事へのトラックバック一覧です: R.I.P., Best Mate & Narita Top Road......:

» うつに拍車がかかってしまって……。 [アンダーザミント、うつと歩く。]
さあ、復職に向けてもう少しだ、締まって行こうーっ! ってなときに、どういうことか [続きを読む]

受信: 2005-11-10 20:41

« 「チェコのグランドナショナル」2005。 | トップページ | オーストラリアから府中への行き方について。 »