« テストがてら。 | トップページ | 今更中山グランドジャンプ……。その2。 »

2005-08-21

で、何のテストだったかと申しますと。(今更中山グランドジャンプ……)

前の記事で『テストがてら』と称して延々とスロバキア語の文章を貼り付けてしまいましたが、あの後更新する気力が低下したまま2ヶ月近くも放置してしまって、誠に申し訳ございません。左カラムの「バックナンバー」のところに「July 2005」がないのは、そういうことなんです……。

で、本題。そのスロバキアのサイトで、中山グランドジャンプの勝ち馬 Karasi のことが書かれてたよ、ということなんです。以下のとおり。

KARASI / O sobotu neskôr, ako by ste si možno mysleli, teda až 16. apríla, a to v Japonsku, sa konalo najlukratívnejšie prekážkové zápolenie planéty. Lokalizujúco pomenovaný test Gd-1 Nakajama Grand Jump (st. ch., 4250 m, 152 700 000 jenov) s prepočtovým finančným balíkom cca 43,5 milióna korún, respektíve približne 745-tisíc libier (liverpoolska Grand National ponúkala „len“ 700-tisíc), za 4:50,4 o 1,25 dĺžky medzi 14 aktérmi vyhral Ericom Musgrovem hotovaný, Brettom Scottom pilotovaný a 34:10 ako správny favorit vyplácaný desaťročný austrálsky hnedý valach írskej proveniencie Karasi (Kahyasi) z chovu Aga Chána. Majiteľ Pearse Morgan inkasoval šek na 80 490 000 jenov. Stupne doplnili hostitelia Cheers Shining (Commander In Chief) a Laurel Royce (Genuine). Francúzsky cestovateľ Sphinx du Berlais (Nikos) sa musel uspokojiť so šiestou priečkou. Zaujímavosť, víťaz bol najstarším aktérom v poli „4r+“ otvorených dostihov a všetci niesli len 63,5 kg. (19. 4.) (Závodisko Bratislava)

まあ、私もスロバキア語がちゃんとわかるわけではないので、意味が分かりそうな単語から断片的に推測していくと。
『4月16日に行われた中山グランドジャンプは、オーストラリアから参戦したアイルランド産馬(アガ・カーン殿下の生産馬……でよかったんだっけ) Karasi が優勝。騎手は Brett Scott 、調教師は Eric Musgrove (スロバキア語(チェコ語とかでもそうなんだけど)の特徴で、固有名詞も格変化しているため、騎手の名前が Brettom Scottom なんてことになってますが)。
2,3着は地元馬(日本馬ってことね)チアズシャイニングとローレルロイスが続いた。フランスから参戦の Sphinx du Berlais は着外。このレースは4歳以上の馬によって行われ、斤量は63.5kgの定量となっている』
間違ってるかもしれませんが、こんな感じになると思います。
そういえばチェコのサイトでも「夢はグランドナショナル、そして中山へとつながっていく」というような文章を見たことがあります。(たぶん)世界唯一の国際招待障害レース、そして世界最高賞金の障害レース。この中山グランドジャンプというレースは、西欧のみならず中欧・東欧からも注目を集めているんだろうな、ということが、上の記事などからも伺えます。現在はおそらく検疫などの都合で遠征は難しいかもしれませんが、近い将来中・東欧あたりからも参戦馬が出てくると面白いのではないかなと思います。

関係ないんですが、トラックバック先は「海外コラム」でよかったんでしょうか、コレ。>トラセンさま。

|

« テストがてら。 | トップページ | 今更中山グランドジャンプ……。その2。 »

コメント

というわけで、トラセンに一枚噛んでるという噂のある人ですこんばんは。中山グランドジャンプはそこまでレベル(賞金)の高いレースとして、ほとんど日本と競馬で交流の無い国でさえも認知されているんですね。正直驚きました。

投稿: ろぜ | 2005-08-22 01:26

>ろぜさま。
 トラセンにトラックバック送るの初めてだったもので、つい聞いてしまいました。
 中山グランドジャンプの知名度がここまで上がっていることには、私も驚いています。同様に、こちらからも「チェコでスゴい障害レースやってるらしいよ」と情報発信していければと(昨年ちらっとやったみたいに)。
障害レースについては、まだまだ開拓されていないというかそんなところが多々あると思います。平地レースのように気軽に海外遠征に行ける雰囲気とか。(まだまだ、ヨーロッパ内とかオセアニア2国間なんかに限られているんですよね)。そのあたりが今世紀中にどう変わってくるか……でしょうね。

投稿: アンダーザミント | 2005-08-22 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/5561550

この記事へのトラックバック一覧です: で、何のテストだったかと申しますと。(今更中山グランドジャンプ……):

« テストがてら。 | トップページ | 今更中山グランドジャンプ……。その2。 »