« グランドナショナル:ロイヤルウェディング馬券? | トップページ | 管理人近況:チラシの裏2枚目。 »

2005-03-01

またまたセントスティーヴン様情報です。

ちょっと遅くなりましたが、セントスティーヴン様情報を。

セントスティーヴンは、3月28日にオーストラリア・南オーストラリア州の Oakbank 競馬場で行われる Great Eastern Steeplechase で、久々の障害戦に復帰予定なんだそうです。鞍上は主戦の Brett Scott 騎手を予定しているとのこと。

AAP: OAKBANK: St Steven To Lead Wheeler Team

また、この記事によりますと、 Scott 騎手は26日に日本でペガサスジャンプステークスに出走するカラジに騎乗したあと『ダッシュで』帰国して、2日後にセントスティーヴンに騎乗することになっているのだそうです。
#余談。じつは2003年の中山グランドジャンプの2日後も Great Eastern Steeplechase だったんだそうで、 Scott 騎手(と John Wheeler 調教師)はセントスティーヴン3着好走の余韻に浸る暇もなく空港へ向かわねばならなかったんだそうです。
##この Great Eastern Steeplechase は毎年必ず復活祭の日曜日の次の日(イースターマンデー、というんだとか)に行われることになっているんだそうで、年によって開催日がまちまちになってます。必ずしも4月ってわけじゃないんですね。今年も4月の頭だとか思ってました私。

で、話をセントスティーヴンに戻しますと。
久々の障害での実戦ということで、まずは無事完走を祈っております。やはり脚元を故障した経験があるだけに、その点がいちばん気がかりなんです。もちろん、一つでもいい着順に入ってくれれば申し分ないんですが。彼自身、このコースを得意としているようですし。
それから。先日の記事に書いた平地戦の後で、彼はもう1戦平地戦に出走していたそうです。(2月19日、 Matamata 競馬場。結果はこちらの「Race 10」です)。殿負けだったそうですが。

|

« グランドナショナル:ロイヤルウェディング馬券? | トップページ | 管理人近況:チラシの裏2枚目。 »

コメント

最近の体調はどうですか?

昨日メルボルンから到着したあるお客様が、ヴァージン航空で今日ロンドンに出発しました。
ご案内をしたときに競馬の話になると、その人は
KingSton-Townの最期を看取ったと言ってました。
いろいろ聞きたかったけど時間がなく聞けませんでした。
KingSton-Townを聞いたことがあるといったら、
彼は
”dubai millenniamやsilent witnessやSmarty Jonesなんかより数百倍強かった。
サウスポーではなかったがBCや凱旋門の舞台を見たかった”
と言ってました。 
一日中ハッピーでした。

投稿: ヨイドレテンシ | 2005-03-05 23:05

Kingston Town といえば、コックスプレートを3勝した名馬ですね。その最期を看取った人とは……凄すぎます。
その時代に、現在のように海外遠征が活発になっていたら、本当に Dubai Millenium も顔負けだったかもしれませんね。

投稿: アンダーザミント | 2005-03-08 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/3130592

この記事へのトラックバック一覧です: またまたセントスティーヴン様情報です。:

« グランドナショナル:ロイヤルウェディング馬券? | トップページ | 管理人近況:チラシの裏2枚目。 »