« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005-02-21

グランドナショナル:ロイヤルウェディング馬券?

まだ本調子ではありませんが、こんなネタも取り上げてみます。

しかし、この頃BBCのサイトをよく覗いてるくせに、チャールズ皇太子が再婚されるなんてニュースを知りませんでした、私。orz
で、その結婚式の日がなんとグランドナショナルの前日、ということでこんな記事が出てました。

BBC SPORT | Fun and Games | Grand National's crowning glory

要するに「ロイヤルウェディングだから、名前に『Royal』が入ってる馬が勝つんじゃないか?」ということなんですが、記事をよく読んでみると、1992年の総選挙の年には Party Politics という政治絡みの名前の馬が勝っていたり、またアン王女の結婚式を記念して行われたレースで Royal Mark という馬が勝っていたりと、なんか奇妙な符合があったんだそうで。これはもしかして今年も? なんて期待できそうな感じがしないでもないような。
しかも、グランドナショナルの登録馬のうち、 Royal が名前に入っている馬の中には昨年のこのレースで2着だった Clan Royal がいるということで、ブックメーカーたちはもう戦々恐々、みたいな感じだとか。
#だって、オッズを少しでも高くつけなきゃ売れないし、それで勝ってしまったら大損失だし……。
そんなわけで、今年のグランドナショナルはこんな面からも注目のレースとなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-02-14

管理人近況、チラシの裏風味。

たしか以前に「日常雑記的なことは極力書かない」みたいなことを書いたと思うのですが、まあたまには書いてみようか、ということで。
……と前置きしていろいろ書いてるうちに本格的にチラシの裏モードになってしまいましたので、読みたい方だけ「続きを読む」をクリックしてくださいな。

続きを読む "管理人近況、チラシの裏風味。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005-02-06

Rand 、グランドナショナルに登録。

2001年、2002年の中山グランドジャンプにニュージーランド代表として出走したのはいいけれど、落馬再騎乗に競走除外と立て続けに不運に見舞われちゃった Rand 。皆様覚えていらっしゃいますでしょうか。
当blogの2004年4月30日の記事で取り上げましたとおり、現在はアイルランドに渡って活躍中です。
その Rand が、なんと今度は世界最高峰の障害レースといわれるグランドナショナルに登録しています。ソースはこちら、Aintree 競馬場の公式サイトです。ちなみに Rand は114番。
まあ、登録馬が152頭もいるということからして、「とりあえず登録しとけ」って感じだとは思うのですが、もし本当に出走することになったら面白いかもしれませんね。なんたって「世界最高賞金額」と「名誉の面では世界一」のレースに両方出走した初めての馬、ということになるのですから。あーなんか凄く見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-02-05

セントスティーヴン様、12着。

セントスティーヴン様、復帰戦は12着(15頭中)だったそうです。詳しくはこちらの Race 8 をご覧ください。
この後は、ニュージーランドで何戦か使ってからオーストラリアに渡って、4月の Oakbank 開催あたりから本格始動といったところでしょうか。んー、日本に来てくれないかな(しつこい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-02-04

セントスティーヴン様、平地戦に出走。

今年は中山グランドジャンプのオーストラリア代表に選ばれなかったセントスティーヴンですが(ってまだ日本行きの可能性が完全に無くなったわけじゃないんですけど)、5日、ニュージーランドの Te Rapa 競馬場の平地戦に出走することになりました。
昨年の3月に脚の故障が判明して(それも、さあこれから日本へ飛ぶぞって時に……)以来久々の実戦になるようです。それにしても、もう10歳(北半球ルールでは11歳)になってしまいましたか。障害馬としてはそんなに高齢ともいえないとはいえ、やっぱり脚元のことがあるだけにちょっと心配です……。でも、今シーズンは完全復活してくれる、と信じてこれからのレースを見守っていく事にします。ああ、日本に来てくれないかなー。

それから。ニュージーランドから中山目指して来日予定の Fontera の最新情報をthoroughbrednews.co.nzで見つけました。
Kevin Myers 調教師は、彼の「free-going style」(これ、「自在脚質」ってことでいいのかな)は日本の障害戦に合うだろうと感じているようです。また、彼は来週の Wairoa 開催で出走した後オーストラリアに渡り、オーストラリア代表の2頭(Topzoff と Karasi)と合流するとの事です。そして、中山で Fontera に騎乗するのはあの Craig Thornton 騎手かもしれないと……ってソーントンさんですか! Myers 厩舎だけに所属騎手のロケット母さんで来るかと思いきや。どうしたんでしょう、まさか怪我したとか……? それもまた心配だなあ。

ともかく、今年もいろいろと楽しめそうなオセアニア馬たちです。これからもいろいろと熱い情報が入ってきそうですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »