« 中山グランドジャンプ:オセアニア地区の予備登録馬。 | トップページ | セントスティーヴン様、平地戦に出走。 »

2005-01-27

中山グランドジャンプ:オセアニア地区の選出馬発表。

中山グランドジャンプのオセアニア地区からの選出馬が決まりました。

JRAのお知らせ:中山グランドジャンプ競走の選出馬について
ついでに。
AAP : Topzoff and Karasi Selected For Nakayama Grand Jump

オーストラリアに関してはやっぱりな、と思いました。
#それにしてもセントスティーヴン様が選ばれなかったのは、仕方ないけどちょっと寂しいというか何というか、複雑な気持ちです。
ニュージーランドの方は今年もよくわかりませんでした。現在も選出馬となったFonteraを含む予備登録馬について調査続行中ですが、どうもオーストラリアと違って、ばりばりの一線級ではなくて若手のホープとか次代を担う馬と言った感じの馬たちばかりが登録してきていたような感じですね。

とりあえず、選出馬3頭についての簡潔な紹介を。
*Topzoff
 2003/2004年度のオーストラリア最優秀障害馬。
 主な勝ち鞍はHiskens Steeplechase, Moonee Valley Hurdle。
 主戦騎手はAdrian Garraway。ということで、最後の直線で某映画のごとく「エイドリア〜ン!」と叫んでみるのもいいかも。
 (↑一部の方にしかわからないネタですみません)

*Karasi
 主な勝ち鞍はAustralian Hurdle, South Australian Grand National Hurdle。
 また、前出のTopzoffが勝ったHiskens Steeplechaseでも3着に入っています。
 主戦騎手はBrett Scott騎手……でいいのかな。Craig Durden騎手と言えなくもないんですけど。
 ちなみに、平地時代は2001年のメルボルンカップで4着に入っています。

*Fontera
 主な勝ち鞍はWaikato Hurdles。
 7歳(南半球ではまだ6歳ですね)と若いので、実績はまだまだですが将来性を買われたのでしょうか。
 まあ、「若いから日本のスピード重視のレースにも適応できるだろう」という現地関係者の見解なんでしょうけど。
 主戦騎手は若手のIsaac Lupton騎手とのことですが、中山グランドジャンプに関しては、あのRochelle Lockett騎手が手綱を取るかもしれないそうです。

毎年「本気度が違う」といわれているオセアニア勢ですが、今年もその本気を見せてくれるのでしょうか。(関係者のインタビュー記事がめちゃくちゃ熱いものになるということは、確実でしょうね)
そして、どれだけ上位に食い込むことが出来るのでしょうか。これから楽しみです。

|

« 中山グランドジャンプ:オセアニア地区の予備登録馬。 | トップページ | セントスティーヴン様、平地戦に出走。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/2717497

この記事へのトラックバック一覧です: 中山グランドジャンプ:オセアニア地区の選出馬発表。:

« 中山グランドジャンプ:オセアニア地区の予備登録馬。 | トップページ | セントスティーヴン様、平地戦に出走。 »