« Red Rumの調教師、2005年に引退か? | トップページ | 新年のごあいさつ。 »

2004-12-24

中山大障害:Istabraqの甥はどうだ?

もちろん、日本の障害競走シーンも大一番に向けてヒートアップしています。と書きたいのはやまやまですが。みなさん、今週のGIは有馬記念だけじゃありませんよ!
というわけで中山大障害の有力馬のこんなお話を。

この夏から秋にかけて連勝街道驀進中のロードプリヴェイル。大障害でも1番人気になりそうな気配ですが、私はこの馬には若干不安を感じています。
その理由は二つありまして、一つ目はスピードに任せて飛んでいるような彼の飛越です。連続レコード勝ち、そして2着馬をぶっちぎって勝つパターンが多いことが示しているように、彼の武器はスピードといえるでしょう。しかも、距離の長い障害戦のことですから、そのスピードの裏にはかなりのスタミナがあるはずです。これだけなら、中山の4100mも乗りきれるのではないかという期待も持てます。しかし、中山の大障害コースには6回のバンケット通過と2個の大きな障害(大竹柵と大土塁)があります。バンケットの方はスタミナでなんとかなるとしても、難関の大竹柵&大土塁を無事乗りきれるかという不安があります。スピードを売り物とする障害馬には飛越の低いタイプが多いそうですし、彼もどうやらそのタイプのようなので、はたしてこの大きな障害を無事乗りきれるのか。そんな心配があります。
そして二つ目は、彼の血統背景です。すでに障害競走マニアの間では有名な話となっていますが、じつはこのロードプリヴェイル、英国の名ハードラーとして名高いIstabraqの甥に当たるんです。叔父(母の半弟)のIstabraqは、チェルトナムのチャンピオンハードルを3連覇するなど歴史に残るといっても過言ではないくらいの成績を残した名馬ですが、彼の活躍の舞台は障害のあまり高くなくてスピード勝負となる(大ざっぱな言い方ですが)ハードル戦であり、大きな障害を飛越するスティープルチェイス戦には出走していないのです。だからといってロードプリヴェイル自身に大きな障害を越える資質はないというわけではないのですが、この事実は頭の片隅に置いておいてもいいかなとは思います。

とはいっても、ロードプリヴェイルを完全に馬券対象から外せるかといったらそうとは言い切れませんし、個人的に応援したい馬でもありますからね……。鞍上の熊沢騎手の念願の中山大障害制覇か? ということも期待したいですし。さて、どうでしょう。こちらも本番が待ちきれません。

|

« Red Rumの調教師、2005年に引退か? | トップページ | 新年のごあいさつ。 »

コメント

Istabraqは知ってましたが、甥っこがロードプリヴェイルだったとは・・・全く知らなかったですorz

投稿: ろぜ | 2004-12-25 00:08

私も、『優駿』の重賞勝ち馬の血統解説の記事を見てビビったくちです。
しかもこの血統話には続きがありまして、なんとロードプリヴェイルの母の半兄(つまり伯父)にはセクレト(英国ダービー馬にして輸入種牡馬。タムロチェリーの父)がいるんですと……。凄すぎる血統です。

投稿: アンダーザミント | 2004-12-25 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/2357508

この記事へのトラックバック一覧です: 中山大障害:Istabraqの甥はどうだ?:

» [race]中山大障害ですよ [fool’s suite]
明日はもうひとつのグランプリがあるわけで。 その有力馬の1頭、J重賞連勝中のロードプリヴェイルについてのアンダーザミントさんのエントリ。 http://theoutback.way-nifty.com ... [続きを読む]

受信: 2004-12-24 08:52

« Red Rumの調教師、2005年に引退か? | トップページ | 新年のごあいさつ。 »