« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004-12-24

中山大障害:Istabraqの甥はどうだ?

もちろん、日本の障害競走シーンも大一番に向けてヒートアップしています。と書きたいのはやまやまですが。みなさん、今週のGIは有馬記念だけじゃありませんよ!
というわけで中山大障害の有力馬のこんなお話を。

この夏から秋にかけて連勝街道驀進中のロードプリヴェイル。大障害でも1番人気になりそうな気配ですが、私はこの馬には若干不安を感じています。
その理由は二つありまして、一つ目はスピードに任せて飛んでいるような彼の飛越です。連続レコード勝ち、そして2着馬をぶっちぎって勝つパターンが多いことが示しているように、彼の武器はスピードといえるでしょう。しかも、距離の長い障害戦のことですから、そのスピードの裏にはかなりのスタミナがあるはずです。これだけなら、中山の4100mも乗りきれるのではないかという期待も持てます。しかし、中山の大障害コースには6回のバンケット通過と2個の大きな障害(大竹柵と大土塁)があります。バンケットの方はスタミナでなんとかなるとしても、難関の大竹柵&大土塁を無事乗りきれるかという不安があります。スピードを売り物とする障害馬には飛越の低いタイプが多いそうですし、彼もどうやらそのタイプのようなので、はたしてこの大きな障害を無事乗りきれるのか。そんな心配があります。
そして二つ目は、彼の血統背景です。すでに障害競走マニアの間では有名な話となっていますが、じつはこのロードプリヴェイル、英国の名ハードラーとして名高いIstabraqの甥に当たるんです。叔父(母の半弟)のIstabraqは、チェルトナムのチャンピオンハードルを3連覇するなど歴史に残るといっても過言ではないくらいの成績を残した名馬ですが、彼の活躍の舞台は障害のあまり高くなくてスピード勝負となる(大ざっぱな言い方ですが)ハードル戦であり、大きな障害を飛越するスティープルチェイス戦には出走していないのです。だからといってロードプリヴェイル自身に大きな障害を越える資質はないというわけではないのですが、この事実は頭の片隅に置いておいてもいいかなとは思います。

とはいっても、ロードプリヴェイルを完全に馬券対象から外せるかといったらそうとは言い切れませんし、個人的に応援したい馬でもありますからね……。鞍上の熊沢騎手の念願の中山大障害制覇か? ということも期待したいですし。さて、どうでしょう。こちらも本番が待ちきれません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004-12-23

Red Rumの調教師、2005年に引退か?

北半球はすっかり真冬、ヨーロッパの障害シーズンたけなわとなりました。英愛中心にいろいろな情報が入ってきていますが、それをまとめる余裕がないものでなかなかこちらでも紹介できないような状況です。スミマセン。
そんなわけで、今シーズンの話題を一つご紹介。といっても1ヶ月前の話題なので、激しく既出かもしれませんが……。

グランドナショナル3勝という不滅の記録を打ち立てた名馬Red Rumの調教師として知られ、また今年のグランドナショナルを制したAmberleigh Houseを管理しているGinger McCain調教師が、もし2005年のグランドナショナルでAmberleigh Houseが勝てば、調教師を引退するかもしれないそうです。

BBC SPORT: McCain ponders Aintree farewell

そして、その記事の中でMcCain師は「彼(Amberleigh House)以外の馬にグランドナショナルを勝つチャンスを与えるわけにはいかない。今のところ、来年のグランドナショナルは1頭だけの競馬になるだろう。そして彼は、史上3頭目の13歳の勝ち馬になるだろう」とコメントしているようで。物凄い自信に満ちあふれてますね。
そのAmberleigh Houseですが、今シーズンはまだ勝ち鞍はないものの、11月にAIntree競馬場(グランドナショナルの行われる競馬場ですね)のレースで5着にはいるなど徐々に調子を上げてきている模様です。果たして、予告通りAmberleigh Houseのグランドナショナル連覇でMcCain師引退の花道が飾れるかどうか。来年の4月9日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-20

最近気になる検索ワーヅ。

なぜか最近時々現れる、「アンダーザミント」で検索して来られるお客様。
もちろん、アンダーザミントは私のハンドルネームにほかならないのですが、またなんでコレで検索されてるのかなあと、ちょっと気になりまして。
そういえば最近、PURE GOLDさんのリンク集に当blogが入ってしまったようですが(下のほうの「競馬(感想・予想・回顧・Blog)」ってところ)、……あのー、「アンダーザミント、馬と歩く。」まででタイトルなんですけど……。
<12/22追記:その後、しっかり直ってました(前は「アンダーザミント」だけだったんです)。どうもスミマセン>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004-12-14

リンク先消滅?

12日の記事でVelká Pardubickáのレース映像(というか、それが紹介されているニュース番組の映像)へのリンクを張ったのですが、次の日に見てみるとどうも、

リンク先で映像が出なくなってしまったみたいです。

12日の記事にも書いたのですが、「リンク貼った途端にリンク先が消えた」なんて事態が本当に起こってしまうとは。書いた当日は見られたのになあ。まさか私のせいで……? すみません、本当にごめんなさい_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-12-12

Velka Pardubickaのレース映像:今更ですが……。

そんなわけで、10月10日に行われました「チェコのグランドナショナル」ことVelká Pardubickáのレース映像がなぜか見つかってしまいました。
#本当はもうちょっと前に書き込もうかと思っていた話題なのですが、「リンク貼った途端にリンク先が消えた」なんて事態になったらシャレにならないなあ、ということで、時間が経っても消えてないのを確認した上で記事にさせていただきました。
ČESKÁ TELEVIZEというテレビ局のニュース番組の最後の方にちょっとだけ流れていただけでしたが、それでも馬たちが大きな障害を越えていく時の迫力が伝わってきます。
それでは、こちらへ(要:ブロードバンド回線&RealPlayer)。
#最初に携帯電話のCMが流れるかもしれませんが、そのままお待ちください。
<12/16追記:ちょっとご指摘がありまして、↑のリンク先がどうやら消滅してしまったようなのでこちらをお試しください。ただしMacだとエラーが出るようですが>
また、そのページの左側の「Události」をクリックしてたどれるちょっと長めのニュース番組の中では観客へのインタビューなど競馬場からのレポートが見られますし、「Zprávy 22:00(22時のニュース)」では観戦に来ていたディック・フランシス氏へのインタビューが見られます。
やっぱり、実際の映像を見てみたら興奮してしまいました。まるで自分が現地で見ているかのように。特に、日本にはないタイプの障害(障害を飛んで着地してすぐ、また次の障害を飛ばなければならない連続障害など)なんかはもう、興味津々の目で何度も見てしまいました。
やっぱりこれは、一度現地へ行って見てみなければ、と思ってしまいました。さすがは「英国以外ではヨーロッパ最大の障害レース」と言われているだけありますね。

##ところで、この文章にところどころ入り込んでいるチェコ語が文字化けしてる! という方がおられましたら、コメント欄に書いてください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-07

遅れましたが、開設1周年。

おかげさまで、今月2日に当blogは開設1周年を迎えました。皆様のご愛顧に感謝します。

開設してから1年が経って、ようやく方向性が見えてきたなあという感じがします。それも、開設当初からは思いもよらない方向で。まさかここまで「海外競馬ネタblog」になるとは思いませんでした、ええ。
最初はほんの日記のつもりだったんですが、blogの使い方を覚えるのとともに、競馬に関していろんなことを書いてみようという気になってきました。ちょうどその頃セントスティーヴンを取り上げる機会があったので、じゃあオセアニアの障害競走について書いてみようと、それが海外ネタblogへの道の始まりでした。そして中山グランドジャンプからオセアニアの障害競走シーズンの最盛期を経て、それに伴うネタ集めを通じて私自身がいろんな知識を吸収していくなかで、オセアニアだけにとどまらずもっと海外のことを書いてみたら面白くなるかなと思いつきました。その流れで、例えば最近の記事にあるアメリカのBreeders' Cup Steeplechaseとか、チェコのVelka Pardubickaを取り上げるようになったんです。
私自身海外へは行ったことがないですし、また海外の競馬についての知識もまだまだ不十分で、はたして正確な情報を発信できているのか、読んでいる皆様が興味を持っていただけるのかと不安な点もいろいろと抱えながら記事を書いているのですが、思いの外反応は上々のようで、アクセス数も以前からは考えられないくらい増えてちょっと驚いております。また、海外のことを取り上げるようになってから多くの方と出会うことが出来、その方々からさらにいろいろなことを教えていただきまして、本当に感謝に堪えないというかなんというか、有難いことです。
これからも、さらに精進を重ねて有意義なblogを作っていきたいなと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004-12-04

障害競走が行われている国は何カ国? の続き。

11月18日の記事に書きました「障害競走が施行されているのは何カ国?」というコネタの続き。
いろいろと調べてみたら、前の記事に書いた10カ国以外にもう1カ国見つかりました。
スロバキアです。
そうか、昔チェコスロバキアで一つの国だったからか。
ちなみにスロバキアには、首都ブラチスラバをはじめ6ヶ所に競馬場があるみたいです(スロバキア語がわかってないので正確じゃないんですが)。
ブラチスラバ競馬場のサイトはこちら。ただし、全部スロバキア語です。
そんなわけで今のところ「障害競走が行われているのは11カ国かも」となっています。引き続き、他の国でもやってないかなーとじっくり調査を続けてみます。
#『優駿』あたりに質問してみた方が早いのでは? というツッコミが入りそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004-12-01

チェルトナムで「コース間違っちゃった事件」発生。

11月初めの話なので、もしかしてどこかで既出だったらすみません。

11月12日、英国のチェルトナム競馬場で行われたSporting Index Cross Country Chaseというレースで、1番人気に支持された馬がレース後半、残りの障害はあと2つというところで突然コースアウト、競走中止となってしまったという出来事があったそうです。
じつは、この1番人気の馬というのが、チェコからの遠征馬で10月に「チェコのグランドナショナル」ことVerka Pardubicka二連覇を決めたばかりのRegistanaなんです。この時も主戦のPeter Gehm騎手(この方はドイツ人ですが)が騎乗していて、先頭に立ってレースを進めていたらしいのですが、なんとGehm騎手がコースを間違えて、このレースでは使わない方のコースに入ってしまったそうなんです。
#なんでも、このレースでは特別に設けられたコースを使うことになっていたのだそうで、騎手達はレース前にそれぞれコースの下見をするという念の入れようだったとのことですが……。

Sporting Life: GEHM CZECHS OUT ON REGISTANA
ついでに。AAP: Dont cry for me Registana
何故「for me」なんでしょうか。

チェコの名牝が、初の国外遠征でこんなことになるなんて、物凄く悔しかったでしょうね。このコンビが再び遠征して、雪辱を果たすことを願ってやみません。
ちなみに、チェコのパルドゥビツェ競馬場のサイトの英語バージョン担当の人が、このレースの模様をプラハのブックメーカーの店で見ていたのだそうで、その感想がサイトに書いてありました。
「このサイトではしばしばGehm騎手に賛辞を贈ってきた。そして、このようなことがあっても、彼を見捨てることはないだろう。(中略)もしも彼の騎乗について疑問を持つ人がいるならば、彼の今シーズンのチェコでの成績(20戦11勝、2着3回、3着3回)を考えて欲しい」……こんなところが、チェコの人の感想なんでしょうね。私も同意します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »