« サンヴァレーに関する長いお話:その1。 | トップページ | 長いお話の途中ですが、ダービーレグノ……。 »

2004-08-20

サンヴァレーに関する長いお話:その2。

8日の記事の続きです。ブランクが入ってしまってすみません。

2000年の秋、私はある調べ物のため、梅田のプラザエクウス(現在は閉館)の資料室で『全国馬名簿』(日本軽種馬協会の刊行物で、その年に生まれたサラブレッド・アングロアラブの産駒を牧場別に収録したもの)を見ていました。
その調べ物が終わった後しばらく、何頭か気になる繁殖牝馬の名前をリストで探していました。そのとき、ふと開いたページに、母ヴァレリーの産駒が載っていることに気が付きました。驚きつつその欄をよく見てみると、父ウイニングチケットの牡馬で、この産駒が初仔、とありました。
よかった、無事繁殖に上がっていたんだ……。そのことがようやく分かってとても嬉しくて、思わずその当時出入りしていた知人のサイトの掲示板にこのことを書き込んだのを覚えています。
#その知人もポレールのファンで、ちょうどその頃阪神競馬場で誘導馬としてデビューしたポレールの話で盛り上がっているうちに「そういえば妹のヴァレリーは……」という書き込みがあったんです。それでそこに返信したんです。
この仔はどんな競走馬になるのかな、もしかしたら母の兄ポレールみたいな名障害馬になっていたりするかも……、そこまで頑張ってくれたらいいなあ。そんな期待を抱きながら、この初仔のデビューを待つことにしました。

そして、2001年の夏。
初仔は母や伯父と同じ岩元厩舎に入厩し、サンヴァレーと名付けられました。

以下、次回に続きます。

|

« サンヴァレーに関する長いお話:その1。 | トップページ | 長いお話の途中ですが、ダービーレグノ……。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/1237789

この記事へのトラックバック一覧です: サンヴァレーに関する長いお話:その2。:

« サンヴァレーに関する長いお話:その1。 | トップページ | 長いお話の途中ですが、ダービーレグノ……。 »