« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004-07-31

Hiskens Steeplechase

31日、オーストラリアの主要障害競走の今シーズン最終戦となるHiskens Steeplechaseが、メルボルンのムーニーヴァレー競馬場で行われます。
主な出走馬と騎手について簡単かつマニアックに解説してみますと……。

Karasi/Brett Scott
 6月のAustralian Hurdleと今月17日のSouth Australian Grand National Hurdleの勝ち馬。
 今までハードル戦(大ざっぱに言えば低めの障害のレース)で実績を上げてきた馬だが、
 スティープルチェイス戦(こちらは大きな障害を飛ぶ方のレース)は初めての模様。そのあたりがどうか。
 鞍上のScott騎手は、2001-2002年とHiskensを2連覇したセントスティーヴンの主戦でもある。

Misty Weather/Adam Trinder
 昨年のHiskensの勝ち馬。2着馬になんと25馬身の差をつけての衝撃的な圧勝だった。
 その勢いを買われて(なのか?)招待された中山グランドジャンプでは競走中止に終わったが、馬体に故障などはなかった。
 帰国後は地元タスマニアで順調に平地戦を使われていた。
 今回、久々の障害戦となるが、昨年の勢いが戻っていれば連覇の可能性も充分といえる。
 鞍上のTrinder騎手は、当馬を管理するMichael Trinder調教師の子息で、今シーズンは飛躍的に勝ち鞍を伸ばした。

Team Heritage/Andrea Leek
 今月4日のGrand National Hurdleの勝ち馬。なんと4歳、しかも今年6月に障害デビューしたばかりとか。
 #実はたった今、当馬がまだ4歳であることを知りました。ひえー。
 若さはたしかに魅力といえるが、障害戦は経験も重要。今まで以上に屈強なベテラン馬に対抗できるか?
 鞍上のLeek騎手は、当馬を管理するJohn Leek調教師の妻で、おそらくオーストラリアでただ一人の女性の障害騎手。ちなみに昨年までは旧姓のBeveridgeを名乗っていた。
 今シーズン初めにいきなり主要競走を2連勝し(Von Doussa Steeplechase, Great Eastern Steeplechase)、かなりの注目を集めた。

Black Anthem/Craig Durden
 今月10日のGrand National Steeplechaseの2着馬。でもさすがに実績不足かな……。
 鞍上のDurden騎手は、当馬を管理するKathryn Durden調教師の夫。ここ数年、オーストラリアの障害リーディング争いには必ず加わっている名手である。

……なんだか「騎手と調教師の関係」ネタだらけになってしまいました。しかも有力馬にこんな傾向というのも、偶然とはいえ凄すぎるような。

そんなわけで、今年も中山行き決定戦となりそうな予感がするこのレース、結果が楽しみです。
#02-03年のセントスティーヴン、今年のミスティーウェザー、加えてGJ出走はならなかったけどマールボロにパレスシンフォニー、さらにニュージーランド代表だけどメイビーラフ。みんなHiskens勝ってます。

続きを読む "Hiskens Steeplechase"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-07-27

ランド出走!

当ウェブログ、4月30日の記事で既報の通り現在アイルランドで活躍中のランド(2001年ペガサスジャンプステークスの勝ち馬ですね)が、28日(現地時間)にGalway競馬場で行われるHewlett-Packard Galway Plateに出走の模様です。出馬表はこちら。
このレースは、冬から春にかけてが最盛期となるヨーロッパの障害競走にしては珍しく、真夏に行われる主要競走といった感じのようです。なんか相手は骨っぽくなるみたいですが(スミマセン、他の出走馬について調べる時間がありませんでした……)、世界中を渡り歩いてきた上に故障も乗り越えた根性を見せて欲しいものです。
#なんたって4カ国(ニュージーランド、アメリカ、日本、アイルランド)で勝ち鞍のある障害馬ですから。これってもしかして記録モノでは。
さて、ここを勝ってまた中山へ……えっ、行きたくない?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004-07-21

ニュージーランドで女性騎手のカレンダー発売。

しばらくぶりの南半球ネタです。
ニュージーランドを代表する女性騎手たちの写真の入ったカレンダーが、今月発売されたんだそうです。
タイトルは『Racy Girls』とのこと。
出版社のサイトのトップを見てみると、馬具を持った女性騎手の白黒写真がなかなかいい感じでありました。
、……ここからがちと問題でありまして。
そのトップページから「More Info ...」というところをクリックして飛んだページの写真が。

いいい、いいんですかこんなことしちゃって!!

ある意味、なんか衝撃的でした。さすがに日本じゃこんなことできないですよねえ……。
ちなみに、モデルとなった騎手たちの名前がこちらに載っています
約1名、日本ですっかりおなじみの方がいらっしゃるようですね。

続きを読む "ニュージーランドで女性騎手のカレンダー発売。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-07-14

パリ大障害の勝ち馬。

そういえば、パリ大障害ってたしか6月前半だったような……、と思って公式サイトを調べてみたら、今年は5月30日だったことが判明してコケたのが6月初めのこと。
で、そのときレース結果を見ていたにもかかわらずメモし忘れて、あ、そういえば勝ち馬誰だっけ、と再度公式サイトを開いてみたら結果のページが別のものに変わっていたのに気が付いて途方に暮れたのが6月の末。
困った、フランスのサイトを調べようにもフランス語はほとんどわからないし、英語サイトが無いか未完成のところが多いし……、と思っていると、全く意外な方向からこんな記事が。

『殿下執務室』より:障害退治に!

なるほど、そういうお名前だったんですか……!
前の記事のように沈んでいた気分が、なんだか一気に晴れてしまいました。
一家に一本コキジェット。もうこれでしっかり記憶に残ってしまいました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は書けませんでした……。

一昨年、昨年と応募して見事に蹴られてきた『優駿エッセイ賞』に今年も挑戦する予定でしたが、あまりにも精神的にキツいことが重なりすぎたため、書きたいのに書けないという状態に陥ってしまいました。最近やっと復活しつつあるんですけど、もう間に合わず……。情けないです、悔しいです。
ちょっと家族の間で問題がありまして(自分とは直接関係ないんですが、間接的に自分の将来にも影響してくることなので)、そのことを引きずったまま仕事してたらヘマするわでもうへこみっぱなしの状態でした。
この悔しさは、いずれどこかで晴らしたいので、しばらくいろいろと文章を書くことに熱中してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-07-12

サンコメーテスの初仔、馬名決定。

今日、JBIS-CHECKから『サンコメーテス号産駒 馬名登録のご案内』というメールが届いていました。
おっ、ついに馬名決定か。どんな名前なんだろう、と期待しながらメールを開いてみると。

「サンコメーテス号の2002年産駒は、サンレイコメーテス号(栗 東:高橋成忠)で登録されました。」

見た瞬間ズッコケてしまいました。なんか2文字増えてるだけやん!
ちなみにこのサンレイコメーテスは父ミスズシャルダンの牝馬です。当歳時の写真はこちらへどうぞ。

そんなわけで、ちょっと南半球ネタから外れてみました。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004-07-03

当ウェブログはBoulevardofdreamsを応援します。

皆様覚えていらっしゃいますでしょうか。2001年暮れから2002年3月にかけて短期免許で来日していた、ニュージーランドのウェイン・ヒルス騎手を。
そのヒルス騎手、現在は調教師に転向して、順調に勝ち鞍を伸ばしているそうです。そして彼の管理馬のなかから、初めての(たぶん)海外遠征馬が登場しました。それが、日本時間で明日早朝発走のアメリカンオークスに出走するBoulevardofdreamsなんです。
JRA公式サイトでは「ヒリス」になってました、ヒルスさん……。

で、Boulevardofdreams。なんでもこの馬、検疫の都合で日本からの遠征馬ダンスインザムードと一緒にいることがあったんだそうですが、その間にこの2頭はすっかり仲良しになっちゃったみたいです。(ネタ元:New Zealand Herald。なんでニュージーランドのサイトにダンスインザムードの記事があるのかと思ったら……)ブールバード姉さんの傍にくっついてるダンスインザムードたん、なんかかわいいかも。

さあ明日の朝は早起きして、といきたいところですが、うちはグリーンチャンネル入ってないんで……。ネットでラジオ中継でも聞けたらいいんですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »