« アダムさん受難? | トップページ | え、こんなところで? »

2004-04-30

あの馬は今。

皆様覚えていらっしゃいますでしょうか。世界一不運な障害馬(?)ことランドのことを。
2001年、2002年と2度中山グランドジャンプにニュージーランド代表として参戦したものの、2001年は前の馬の影響を受けて落馬(その後エディ・ラム騎手の根性の再騎乗でなんとか完走はしましたが)、2002年は発走直前に外傷性鼻出血が判明して無念の競走除外。2回とも人気を集めながらどこまでもツイてない馬でした。
その後彼はアメリカに渡り、当地の障害競走で活躍したものの故障を発症したため、3度目の中山挑戦の夢はかなわなかったとは聞いておりました。しかし、その後の消息がつかめなかったので、もう引退したのかなと思っておりました。
ところが。なんと今年に入って彼はアイルランドのNoel Meade厩舎に移籍していたことが判明しました(実際には昨年8月からいたらしいですが)。
アイルランドでのデビュー戦となった21日のGowran Park競馬場でのハードル戦を快勝し(詳しくはこちらIrish Racingのサイト、「GOWRAN PARK 21ST APR」のところをクリックしてください)、本日30日のPunchestown競馬場のハードル戦で2戦目を迎える模様です。
こうして、まだまだ頑張っていることには感激しました。いつかまた日本へ……ん、行きたくない?

|

« アダムさん受難? | トップページ | え、こんなところで? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/517498

この記事へのトラックバック一覧です: あの馬は今。:

« アダムさん受難? | トップページ | え、こんなところで? »