« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004-01-31

珍名インザワールド。

オーストラリアの stallions.com.au より。
かの国にはこんな名前の種牡馬がいるそうです。
しかしこの名前を付けた馬主さんは、この単語の意味を知ってるんでしょうか……。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-01-24

そんなわけで旅先から愛を込めて。

中山GJのオセアニア地区からの招待馬の中に、セントスティーヴン様の名前が。
正直言って今年は無理かと思っていただけに、めちゃ嬉しいです。 横断幕でも作ろうかな。

| | コメント (0)

2004-01-23

家族旅行中。

上記の理由で、ただいま大雪の金沢にいます。
普段滅多に雪の降らないところに住んでいるもので、私たち家族はちょっとはしゃいでましたけど、電車が遅れたりして大変でした。
そんななかでも感服したのがおばちゃんパワー。電車で通路を隔てた反対側の席に座ってた4人組など、よくあれだけしゃべっていられるなあと思うくらい騒がしかったです……。

| | コメント (0)

2004-01-20

早くも。

只今仕事帰りです。
先程、駅でターフィー50の縫いぐるみを持った子供を見ました。
早くもこんなイナカ町まで進出しましたか。

| | コメント (0)

2004-01-19

恐怖の請求書。

昨日(17日)、クレジットカードの請求書が届きました。
まあ、これ自体は毎月の恒例行事なんですけど、今月は封筒を開けるのにちょっとドキドキしてしまいました。
というのも、先月自分の部屋のTVを買い替えまして、その時の支払いをクレジットカード(それも一括払い……)にしていたんです。
そのうえ、年末の中山遠征(積雪で中山大障害が中止になったため、空しく過ごした1日……)の飛行機代もクレジット決済だったものですから。
そんなわけで今月は、請求額が普段の何倍にもなってしまうんだよなあ、と心に冷や汗をかきながら請求書を確認してみると。

あれ、1ケタ少ない?

どうやら、TVの分は来月回しになっている模様。ということは来月もまたドキドキものなんですね……。
やっぱり、慣れない大金を使うと落ち着かないものですね。

| | コメント (3)

2004-01-17

体のきしむ音がする。

昨日(15日)、約2ヶ月ぶりに乗馬してきました。
11月に転勤してから休みの日の都合やらいろいろあってなかなか行けなかったのですが、やっとこさといった感じで。しかも次にいつ行けるかはわからなかったりするのですが。
これだけ間隔が開くのも初めてなので(1ヶ月くらい開いたのはちょこちょこあったのですが)、まず初心者クラスのレッスンに出て、基本の再確認がてら体をほぐすことに。
まあ、そのレッスンの内容ならまだ余裕を持ってこなすことができました。ただ、時々背中が丸くなってることを指摘されてましたが。
その次に、自己条件(?)のレッスン。
簡単な経路を常歩・速歩・駈歩の3種を入れつつ回るという課題があったのですが、最初の方はうまく行ったものの、右手前駈歩の部分で「駈歩にならない」という最悪の事態に。
#駈歩で発進しようとしてるのにいつまでも「超早い速歩」の状態のまま直らなかったというヤツです。
で、そのときに指摘されたのもやっぱり「背中が丸くなって姿勢が崩れているので、鞍上の指示が馬にしっかり伝わっていない」。
結論。まずは日常生活のなかから背筋を伸ばす癖をつけましょう。

しかし、久しぶりに普段使わない場所の筋肉を使って乗馬をしてきたものだから次の日は恐ろしいほど筋肉痛が襲ってくるのでは、と心配していたら。今朝(16日)、あまりもの痛さにしばらく寝床から出られなかったくらいでした。
特に背中から腰にかけてが辛いです。やっぱり背筋を伸ばすということは大事ですね。

| | コメント (0)

2004-01-08

きゃーきゃー!

中山大障害の代替開催もまだ終わってないですが、早くも中山GJの海外馬情報が入ってきてます。しかもオーストラリアですよ奥さん。
Australian Jumping Racing Associationのニュースリリースによりますと、オーストラリアから中山GJに予備登録した中で、選出されそうな有力馬が3頭いるとのこと(まさか登録が3頭だけということではないと思いますが…)。そしてその3頭とは、
Lance Corporal(オーストラリア最大の障害競走であるGrand National Steeplechaseの勝ち馬)
Misty Weather(昨年のA.V.Hiskens Steeplechaseの勝ち馬。なんと25馬身差の圧勝)
そして……、やっぱりいましたよSt. Steven。復帰に向けて準備万端だそうですね。なんでも、先月には25kmのエンデュランス(馬術の一分野で、野外耐久レース。馬のマラソンみたいなもの)を走り抜き……っておいおい! さすがオセアニアはやることが違うというか何というか……。ちなみに心臓の不安も消え、健康面も問題なしということだそうで……でなきゃ25kmも走ってないよなあ。

はたして誰が選ばれるんでしょうか。さすがに今年はセントスティーヴン様には分が悪そうだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-01-06

そして年賀状。

私がパソコンで年賀状を作り始めてから、なんと5年目に突入しました。
なにぶん競馬者な皆様への年賀状なもので、毎年馬の画像を入れていたりします。
そこで、今までネタに使った馬のラインナップ(と選定理由?)をあげてみますと、
2000年:イチバンリュウ(辰年だったからなあ)
2001年:ファンドリロバリー(ちょうど男前な写真があったもので。というわりには扱いが…)
2002年:ポレール&シャンパンファイト(2頭で仲良く誘導馬としてのお仕事、という機会が多かったので、手持ちの画像にも恵まれてた)
2003年:サンコメーテス+初仔(2002年のハイライトが牧場巡り。母仔一緒の場面じゃないのが惜しいけど)

ところで今年の年賀状。背景の都合上全然目立たなくなってしまいましたが、これでもちゃんと馬の画像が入っています。『謹賀』と『新年』のあいだ辺りに。
さて、この馬は誰でしょう?

| | コメント (0)

2004-01-03

マズいといいますか…

今年の年賀状は、郵便では一通も送っておりません。すべて電子化いたしました。といえばなんか最先端っぽい感じですが、要するに住所を知っている友人知人がいないからなのでありまして。
しかも昨年も、郵便で送ったのは一通のみ。で今日、その唯一の送り先からハガキが届いてました。
あ、そういえばここに送るのを……と思いつつハガキを見てみると。
喪中欠礼でした。
んー。微妙に気まずいといいますかなんといいますか。
とりあえず今、大慌てで寒中見舞いハガキを作成しております。

| | コメント (0)

新年のごあいさつ。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年も当サイトをよろしくお願いいたします。

さて、実は今年は珍しく3日まで仕事が休みなんです。
何年ぶりでしょうか、正月休みらしい正月休みが取れたのは。
仕事柄仕方がないとはいえ、2日から出勤なんて状態だと結構疲れるものなんです。
お客さんもほとんどいないし……。

そんなわけで、元日からいろいろと飛び回ってます。
まず、年が明けるとすぐ地元の神社へ初詣。小さな神社なのですが、拝殿の前に行列ができていたのにはびっくりしました。
そして、ちょっと休憩を挟んで4時前に家を出て、終夜運転している電車を使って伊勢神宮へ行ってきました。
着いた時にはちょうど初日の出の時間帯でした。大晦日に雨が降ったので心配でしたが、いい感じで晴れてきてきれいなご来光を拝むことができました。
そして、
ise04_1.jpg
これが御神馬の丘昭号です。内宮と外宮あわせて5頭くらいの御神馬がいるのですが、私が行った時にいたのは彼だけでした。
彼は既に25歳と高齢なんですけど、結構かわいいところを見せてました。
この写真でちょうど彼の首の下にあるアルミ板に、ときどき鼻先をごしごしこすりつけている姿がもう、おちゃめで。

そして2日は、園田へ。じつは乗馬クラブの初乗りに行く予定だったんですけど、さる事情でこちらに変更しました。
ま、その事情というのが6Rにファンドリリヴリアの弟ヒルクレストが出走していたから、ということなんですけど。
しかし、普段の園田の状況からは考えられないような人出で驚きました。
本馬場入場が終わってからそのレースの馬券を買おうとしたら、どこの投票所も凄い行列。間に合わないんじゃないかと凄く焦りました。結局なんとか間に合ったのですが、あれだけ肝を冷やしたのも初めてのような……。
さすが正月休みですね。

さて、3日はどうしよう。

| | コメント (0)

2004-01-02

とりあえず、ネタをひとつ。

画像表示テストってことでひとつ、こんなのを。

koshino.jpg
今日、園田競馬場でやっていた兵庫県物産展にて。
わざわざひらがなで書かなくても……。

| | コメント (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »