« 私の海外競馬ことはじめ、その3。 | トップページ | とりあえず、ネタをひとつ。 »

2003-12-26

私の海外競馬ことはじめ、その4。

……また休みが入ってしまいましたが、18日の記事から続きます。

オーストラリアへ行ってみたいけど、そういえば現地の競馬事情をほとんどわかっていない……。
セントスティーヴンを追っかけに行こうと思い立ってしまってしばらく時間が経った後、ふとそんなことに気がつきました。
ちょうど中山GJの前、JRAのサイトに海外招待馬の詳しいプロフィールが載っていたり、『優駿』誌にJRAの海外駐在員の皆様による各国の障害競走事情に関するレポートがあったりと、中山GJが国際招待競走となって間もない頃に比べると格段にこの手の情報の量は増えました。しかし、実際に行くことを考える段になるとそれだけでは足りないのです。たとえば当地の競走体系とか、レースの雰囲気とか、そもそもムーニーヴァレー競馬場ってどこにあるんだ、なんてこととか。
そういった詳しい情報を探すため、以前セントスティーヴンに関する記事を探してたときに覚えた技を駆使して(?)、毎日のようにオーストラリアの競馬サイトを巡ることに熱中してました(その中で見つけた、今でも重要な情報源になっているサイトを画面左の「マイリンク」に挙げておきました)。
本当に時間を忘れてしまうほど、ネットサーフやら資料集めに没頭していました。おかげで、以前はメルボルンという都市がオーストラリアのどこにあるのかさえわからなかった私が、今やこんな文章を書くまでになったくらいです。
さらに、拍車をかけた出来事が二つ。
一つは、前にもちらっと書きましたが、昨年の中山GJのときにセントスティーヴンに跨っていたソーントン騎手が短期免許で来日していたこと。ソーントン騎手を見るたびにやはり彼のことを思い出してしまっていたうえに、ついでにニュージーランドのことも調べてみようかななんて気になりましたから。
そしてもう一つは、土曜競馬中継でおなじみの矢野吉彦アナが書かれた本、『世界競馬案内』。
各国の競馬事情に始まって、競馬新聞の読み方から馬券の買い方、競馬場へのアクセスに至るまで、まさに痒いところに手が届くような濃い内容に驚嘆しました。もう、オーストラリアとニュージーランドのところは穴が開きそうなくらい読み返しましたし、その他のところも興味深く読んでいました。

そして今、延々とこんなことを語っている自分がいると、そういうわけなんです。

……いちおうこれで終わりです。

|

« 私の海外競馬ことはじめ、その3。 | トップページ | とりあえず、ネタをひとつ。 »

コメント

ちょいと自己レス。

>>メルボルンという都市がオーストラリアのどこにあるのかさえわからなかった
めちゃくちゃ大ざっぱに言えば、オーストラリア大陸の右下です(南東部と言えっての)。
逆に、オーストラリアの人にとっても東京がどこにあるかわからなかったりするんだろうなあと、カンタス航空のサイトに載ってた地図を見ながら思ってました。
しかしこの地図、大阪と福岡がくっついてる……。

投稿: アンダーザミント | 2003-12-27 01:04

机にあった世界地図(小学生の頃の)を見たのですが、本州のめちゃ南にあるんですね>メルボルン
海沿いって事は、泳げるんでしょうか?
キャンベラからでも東京─神戸間位はあるのではないでしょうか。
お気をつけて(早っ)。

投稿: FATESTAR | 2003-12-27 23:58

お気を付けて、ってまだ行くと決まったわけじゃないんですから(爆笑)。
#仕事の都合が………。

今ちょっと調べてみたんですけど、
>海沿いって事は、泳げるんでしょうか?
泳ぐというよりは、マリンスポーツが盛んな印象ですね。ビーチもあるみたいです。
>キャンベラからでも東京─神戸間位はあるのでは
飛行機で1時間ちょっとだそうですので、だいたいそのくらいかと。
話はそれますがキャンベラといえば、首都機能だけしかない田舎町らしいです。
#昔、首都をメルボルンにするかシドニーにするかもめたことがあって、結局両者のほぼ中間になるキャンベラに決まったんだとか。

しかし、メルボルンはオーストラリアで2番目に人口の多い都市らしいのに、なんかあまり知られてない印象が。試しに旅行会社でオーストラリアのツアーパンフレット取ってきたら、メルボルンへ行くのがほとんどなかったのにがっくりしました。

投稿: アンダーザミント | 2003-12-29 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/277900

この記事へのトラックバック一覧です: 私の海外競馬ことはじめ、その4。:

« 私の海外競馬ことはじめ、その3。 | トップページ | とりあえず、ネタをひとつ。 »