« たしかに事実ではありますが。 | トップページ | 私の海外競馬ことはじめ、その2。 »

2003-12-12

私の海外競馬ことはじめ、その1。

そういえばまだ詳しく語ってなかったことをひとつ。

7日の記事にもあるとおり、ごく最近ごく一部ではすっかり「オーストラリア好き」で通っていたりする私ですが、
ではなぜここまでオーストラリアにハマってしまったのか、ということをまとめていなかったと思います。
たしか9月の日記の最初の方で「さる事情で……」というふうな書き方はしていますが、どんな事情なんだということまでは書いていなかった、と。
まあ、そもそもの原因は、その日記を読んでいただくとお分かりになるかと思いますが、セントスティーヴンに惚れてしまったことであります。
ということで、そのあたりの詳しい経緯について、今日以降しばらく書いてみます。

昨年の中山グランドジャンプのパドックでデジカメのファインダー越しに彼の顔を見て、なんか外国の馬という感じがしない、と思ったのがまず、第一印象でした。ただこの瞬間は、別にそれ以上の意識はなかったのですが、ひととおり出走馬の姿を撮り終えてから騎手が出てくるまでの時間、肉眼で馬体を眺めていたとき、もう一度彼の姿に目が留まりました。なんかちっちゃいけど存在感がある馬だなあ、とこの時点で、ちっちゃなうま好きの私の心が動き始めました。
そして皆様ご存知の通り、彼が中山グランドジャンプ史上初の外国馬の優勝という快挙を成し遂げました。4コーナーで先頭に立ってから、3連覇を狙うゴーカイに迫られながらも驚異的な粘り腰(&鞍上ソーントン騎手のごっつい追い方!)を駆使して勝利をもぎ取ったそのとき、彼に惚れてしまいました。
2年連続で招待されていたランドのように、来年も日本に来て欲しい、それまで待ちきれないなあ、と思いつつ中山競馬場を後にした記憶があります。

……続きは明日以降に。

|

« たしかに事実ではありますが。 | トップページ | 私の海外競馬ことはじめ、その2。 »

コメント

ミントさん、オイラのPO馬何故かちっちゃな馬揃いなんス。
リトルマーメードなんて名前からしてちっちゃいし(笑)。
キシュウプリンセス388kg、クラリスクリス404kg、ランドナイト414kgとか、そんな感じです。
別に馬体重見て選んだ訳でもないんですが(指名した時点では血統と厩舎くらいしか分からなかった)、私もふと気付けば実はちっちゃい馬好き???スカラシップやサムソンビッグ、ダンスパートナーも小柄な方でしたよね。
PO馬たちにも、ミントさんのハートに迫るような活躍を期待しておりまする。

投稿: るっちょり | 2003-12-12 03:33

ちなみに、私をちっちゃなうま好きにさせたのは、
ファンドリロバリーとトーホウシデンです。

投稿: アンダーザミント | 2003-12-13 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/932/277918

この記事へのトラックバック一覧です: 私の海外競馬ことはじめ、その1。:

« たしかに事実ではありますが。 | トップページ | 私の海外競馬ことはじめ、その2。 »